秋葉原エリアでおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

本日出勤  (0名)

本日出勤の女性はいません

店舗ニュース  (0件)

1週間以内に投稿された店舗ニュースはありません

ご当地紹介  秋葉原編

秋葉原、と聞いてどんなイメージがあるでしょうか?数年前までは、アニメやゲームなどの聖地としてのイメージが強く、メイド喫茶に行くならアキハバラ!というのがメジャーでしたよね。地下アイドルが流行ってAKBが国民的アイドルと呼ばれるようになってからは、アイドルを目指す女の子のメッカとしてのイメージも付きました。しかしもともとは電気の街、電子機器や部品などを扱う専門店が多く立ち並ぶ街でした。 元々は専門的な買い物をする人以外にとっては家電が多少安いという程度だったのかもしれませんが、音楽ブームによりCDやレコードを取り扱う専門店が増え、その後家庭用ゲーム機のソフトや関連するグッズ、パソコンゲームのソフトなどを多く取り扱う店が増えたことによっていわゆる「オタク」と呼ばれる人たちの流入が爆発的に増え、その人気に引きずられるようにどんどんホビーショップやアニメショップが増えて現在の形になったと言えます。音楽ブームの名残もあり、ハイファイオーディオの専門店も多くありました。ヘッドフォンやレコード周辺機器などから始まり、ギターやベースなどエレキ楽器用のエフェクターの部品を扱う店や完成品を扱う店など、音楽の街としての顔も持っています。また、2006年まで交通博物館が近くにあったこともあり鉄道模型関連の店はいまだに多く、日本最古の鉄道模型メーカーも近くに店舗があるためファンが足しげく通っています。 行ったことのある人であれば、人の多さはイメージがつくのではないかと思いますが、ここまで爆発的に人が増えたのにはつくばエクスプレスの開通やヨドバシカメラの開店が大きいでしょう。業界大手の進出に、閉店を余儀なくされた店もかなり多いですが、その代りに大型複合施設ができて閉鎖的な専門知識のある客のみに向けた狭く深い街から一般的に開けた浅く広い街へと変わりつつあります。 しかし変わりつつあるとはいえ古き良き秋葉原の姿やメインである「好きなものを追求したらこの街にたどり着いた」という雰囲気は失う事はありません。アニメ、ゲーム、アイドルから電子機器まで、ありとあらゆるサブカルの聖地としてメディアでもきっちり位置づけされています。近年は外国人向けの都内バスツアーに浅草、秋葉原というルートが組まれるなど、海外に向けた商戦も盛んです。都内でも特に、ここ数十年の劇的な変化が一番大きい街かもしれませんね。私としては、秋葉原名物として一時話題になった「おでん缶」がいつまでも残ってほしいところです。まだ食べたことがない人は、ぜひ足を運んで自販機でおでんを購入してみてください。案外味が染みていておいしいです。そして、街を眺めて秋葉原の「今」を楽しんでみてください。