銀座エリアでおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

ご当地紹介  銀座編

東京の街並みは震災や戦争で何度も建て替えられ再建されて今の風景ができていますが、最も時代と共に移り変わりが見られるのは銀座ではないでしょうか。明治時代に2度の大火に見舞われ、レンガ造りの街並みが作られました。その後大正12年の関東大震災で建物が崩れてしまったためほとんどが取り壊され、さらに戦時中も空襲で被害を受け、そのたびに少しずつ街並みを変えてきた街でもあります。しかしながら、現在の中央通りは整備された初期のまま、位置・方角ともに特に修正されることもなく銀座の土台をつくっています。現在のように店が立ち並ぶようになったのは明治時代だったそうで、それ以降国内外の有名店が挙って軒を連ねるようになりました。 特に大正時代からは、百貨店や劇場、喫茶店などが次々と登場し、おしゃれをたしなむ若者たちのステイタスとなりました。街をぶらぶら歩くことを「銀ブラ」なんていう言い方をしていたそうで、これは現在でも言葉の出自はわかっていません。銀座をぶらぶらが一番有力とされていますが、別の語源説もあるそうです。その節と言うのが、ぶら=ブラジルコーヒー説というもの。明治時代から当地で営業していた日本初のカフェで、庶民的な値段でブラジルコーヒーを提供するいわば大衆喫茶の元祖と言えるお店がありますが、そこでコーヒーを飲んだ=銀座でブラジルコーヒー=銀ブラというわけです。そんな言葉が生まれ、現在でも通用するほど人々の関心を集めているという事でしょう。現在も多くのカフェが存在し、海外ブランドの参入も多くカフェ激戦区となっています。 流行の発信はカフェだけではありません。当然ファッションに関しても昔から若者の関心を集めています。多くの海外ブランドの店が存在します。モダンボーイ、モダンガールに始まりみゆき族など、当時の西洋の流行を取り入れたファッションを楽しむ若者が集まる場所だったのです。現在では多少年齢層が上がっている印象ですが、いつの時代も変わらずおしゃれな人が多い街ですよね。 また、日本におけるティファニーの本店があるのも銀座です。オードリー・ヘプバーン主演の「ティファニーで朝食を」を見て訪れた人も多いと思います。でも、いくら憧れてもオードリーのように店前でクロワッサンをかじっていたらお行儀が悪いですから、辞めておきましょうね(笑)