出張エリア中野区でおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

店舗割引  (83件)

ご当地紹介  中野区編

東京23区の中でも特に人口密度が高いのが中野区です。区内には多くの住宅やサブカルチャーの発信地が集結していますが。そんな同区が多くの市民で賑わってきたのは近年の話で、江戸時代までは広い農村地帯として知られていました。では、いかにしてそのような土地から現代の住宅密集地になったのかその歴史を見ていきましょう。 この地に最初に変化をもたらすきっかけになったのは江戸時代中期の1700年前後の徳川綱吉の時代です。ご存知の人も多いかもしれませんが徳川綱吉の政策で生類憐みの令という政策がとられ、生き物、特に犬を大切にするよう命令されました。当時の捨て犬達を保護することとなり江戸中の犬が集められましたが、問題となるのは集めた犬を保護する場所です。そこで選ばれたのが中野の地であり、付近の土地を整備して犬用の囲いが張り巡らされました。その面積は何と約30万坪(東京ドーム約20個分)に相当し最大で8万頭が飼育されていたといわれています。綱吉の死後はその政策は廃止され囲いもなくなりましたが整備された広い敷地は残ることになります。その後明治に入ると都心からの転居者が増え始め寺院などの移転も増えたことから一時期は小京都とも呼ばれるほどの密集地でした。同時期にはその広大な土地を利用し旧帝国軍人が多く住む街ともなりました。この頃になると農地の面影はほとんどなくなったと伝えられています。 その後の高度経済成長で近隣都市が目覚ましい発展を遂げる中、中野は既に全国でも有数の住宅密集地となっており大型商業施設を新しく建設することは難しく、繁華街へのアクセスの良さからより一層住宅地としての性格が強くなっていきました。 そのような経緯から同区の今日の人口密度が高く集合住宅が多いという特徴が出来上がりましたが、驚くべきはその地価です。新宿まで中央線では1駅で時間にして5分程度で行けるほどの好立地にも関わらず手ごろな価格の賃貸物件が多く、若い世代に人気があります。20~34歳までの若年層の占める割合は何と都内でも1番なのです。 このような若者の街としての印象が強い同区ですが比較的治安も良く、人が多い割に静かな事から大変人気があります。 駅の近くにある中野ブロードウェー周辺には飲み屋やショッピングスポット、サブカルチャーショップも多く近隣市町村からも多くの人が訪れるようになりました。これからも若者の住みやすい街として発展していくことでしょう。