出張エリア武蔵村山市でおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

ご当地紹介  武蔵村山市編

狭山丘陵の南に位置し、カタクリの群生地にもなっている武蔵村山市。志村けんの地元東村山と混同されがちですが、れっきとした別の市です。古くから織物の産地として栄え、昭和初期までは村山絣という木綿の織物が有名でしたが、時代の移り変わりにより変異し、近年は新しい技術を取り入れ木綿から絹(紬)へと変わり村山大島紬というブランドを立ち上げています。今は着物を着る人口自体が少ないので知らない人も多いかもしれませんが、持ちも良く着慣れるごとに体にしっとりと馴染むようになるため、親子数代で愛用する愛好家も多いのです。木綿織である絣が名産であったことでもわかるように、昔は農耕が盛んな土地でした。現在ではミカンやリンゴなどの果樹園が主となっていますが、以前は水田風景の広がるのどかな街でした。もちろん今でものどかな雰囲気は変わらず、狭山丘陵沿いに作られた野山北・六道山公園では、山を手入れし、水田を整え今でも当時の里山の風景を楽しむことが出来ます。 デエダラボッチ(ダイラダボッチ)という巨人の伝承は日本各地にありますが、この武蔵村山にもデエダラボッチの歩いた足跡だと言われる井戸が残っています。それにちなんだお祭りとして、村山デエダラまつりが秋におこなわれています。クライマックスでは巨人をモチーフにした山車が登場します。もともと市内にあった日産の工場跡地を主会場に行われ多くの人が訪れます。夜の闇に輝く巨人の山車の姿はとても写真映えするので、カメラ好きな人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。 この地の名産は村山かてうどん。冷たい麺を魚介だしに醤油で味付けをした温かいつけ汁「かて」につけて食べる郷土の味です。かての中には地で採れた野菜を茹でて加えたり、近年はかきあげなどのてんぷらにして添えることも増えていますが、しょうがやミョウガなどのいわゆる「薬味」を加えたつけ汁とも、野菜と一緒に煮込んだものともまた違うさっぱりとした味わいながら栄養バランスのとれた健康食なのです。素朴でどこか懐かしく感じる味です。 この地の人が口にする「ふごまっしぇえ」これは、武蔵村山市内地域に古くから伝わる方言で「足を延ばしてくつろいで行ってね」という意味だそうです。この言葉が表すように、武蔵村山の人々も土地も風景も、安らぎを与えてゆったりとした時間を過ごさせてくれます。心が疲れた時や、のんびりしたいと思ったら訪れてみるのも良いですよ。郷土の味を味わいながら、四季の景色を楽しんでみるのも一興ですよ。