出張エリア青梅市でおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

ご当地紹介  青梅市編

東京と言えばおしゃれで最先端の流行を楽しむ場所!というイメージも多いでしょうが、実は昭和の気分を味わいレトロさを楽しむためのスポットも数多く存在します。と言われると、「どうせ下町系でしょ?」と思うかもしれませんが、残念。青梅市です。ここには昭和の雰囲気が色濃く残っているのです。 まずは駅。JRの駅というと近代的な建物をイメージしがちですが、色合いと言いたたずまいと言い昭和というよりは対象的な雰囲気を味わうことが出来ます。駅のホームで良く見かける立ち食い蕎麦屋も、青梅市にあれば看板の文字は右から左へ、券売機は古びて店内には色あせた手書きの映画ポスターが。何ともレトロ。これぞという雰囲気満載です。ホームから改札へ向かう通路の壁も、一面手書きの映画看板で埋まっています。これは青梅生まれの看板師久保板観氏にあやかっての事。今でも街角には多くの作品が飾られ、資料館もできています。実は現在青梅市内には映画館は無いそうですが、日本で最後の看板師の手によって町おこしの一環として始まり、今も続いているのだとか。 青梅市の魅力はそれだけではなく、豊かな自然の中を書けるサイクリングコースもおすすめです。近年ロードバイクの人気も手伝い、新緑のシーズンや紅葉の頃にはサイクリングを楽しむ人を多く見かけるようになりました。また、サイクリングだけでなくジョギングやマラソンを楽しむ人も多く、毎年2月には青梅マラソンも開催され、国内外から多くの人が参加する大イベントとなっています。また、御岳山(みたけさん)はテレビで度々取り上げられる日帰り登山やハイキングが出来る山です。ケーブルカーやバスで国立公園まで行けるので、ちょっと運動してみたい人やいつものお散歩をちょっとグレードアップしてみたい人、のんびりできるデートスポットを探している人におすすめです。 地名の由来は平将門が馬の鞭代わりにしていた梅の枝を植えたら秋になっても実が青々として落ちなかったことによるそうですが、この梅だけはなく吉野梅郷という25000本の梅の木が植えられたエリアがありました。過去形になっているのは、2014年に木の感染症が発見され全伐採になってしまったからなのです。再び梅を植樹できるようになるには数年かかるとのことですが、再生計画を立てて復興努力中とのことなので再び梅の里を楽しめるときが来るのを待ちましょう。 これら以外にも、名誉市民である文豪吉川英治の書斎をそのまま保存した記念館など見どころはたくさんあるので、年代を問わず楽しめるでしょう。