出張エリア国立市でおすすめの店舗を紹介させて頂きます!!

条件別一発検索

  • 色白
  • 巨尻、爆尻
  • 巨乳、爆乳、超乳
  • 熟女、超熟
  • 乳輪大
  • パイパン
  • 人妻
  • 貧乳、微乳
  • わき毛

ご当地紹介  国立市編

都内でも有数の桜並木を誇り、街並みの景観も美しい都市国立市。有名大学のキャンパスを中心に小中高校など多くの教育施設の集まる文教地区としても知られ、知的な雰囲気や文化的な生活が息づく街です。名前こそ、国分寺と立川の間だから国立!という何ともひねりのない由来ですが、都心部へのアクセスや四季折々の移ろいを感じることができる自然豊かな環境など、住みやすさに必須となる条件がそろっているのです。 特筆すべきはやはりなんといっても景観の美しさと都市環境の良さ。静かな暮らしを愛する市民の力ももちろんですが、都市景観形成条例によって守られている部分も大きいでしょう。教育施設の豊富さ、住宅地の閑静さは子育て世代にとっては理想の街となるようで、ここに住みたいと憧れる人も多いのです。さらに国立駅から谷保駅までの通称大学通りには桜と銀杏が交互に植えられており、春は桜並木、秋には銀杏並木が目を楽しませてくれます。この桜は昭和8年に皇太子(現明仁天皇)が生まれたことを祝して植えられたもので、数年にかけて少しずつ植樹し、現在の見事な眺めになったのです。この見事な景色は新東京百景にも登録されています。また、大学通りだけでなく富士見台にも200本以上の桜による桜並木があるなど、さらにクリスマスシーズンにはイルミネーションが彩り、ロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。 ショッピング面では、小さい個人経営ながらもおしゃれでセンスの良い店が多く、飲食店は学生向けにリーズナブルなお店も多いため全年齢的に楽しむことができると思います。また、大通りのにぎやかさから一歩入ればひっそりと蕎麦屋があるなど路地裏探索もおすすめです。 また、国分寺との境にある「たまらん坂」は、RCサクセションの楽曲「多摩蘭坂」のモデルになった坂でもあり、ファンにとっては聖地となっているそうです。なぜ楽曲に取り上げられたのかと言うと、一時期忌野清志郎がこの近くに下宿していたからなのだとか。坂の名前の由来は、勾配がきつく歩いていると途中で「こりゃたまらん」と言いたくなるからなんだとか…。最初は通称だったのでしょうが、現在は「多摩蘭坂」というバス停もあるそうで、それでいいのか国立市!と突っ込みたい気持ちになります。市名といい安直な名前が多い気もしますが、それだけ親しみやすい街なのでしょう。良い街には笑顔があふれると言いますからね。